積極的にアイデアをいただいたことで、顧客評価に繋がりました

150社300名以上(2021年3月時点)のテレワークでの障害者雇用創出を実現した「エンカク」

株式会社D&Iは、障害者雇用におけるテレワーク型雇用支援サービス「エンカク」を運営されている企業です。

今回、D&Iさんの障害者テレワーク雇用支援システム「エンカククラウド」の研修コンテンツ視聴環境としてWisdomBaseを採用いただいた背景を、同社取締役COOの小林さんにお話をおうかがいしました。

事業内容について

改めまして、D&Iさんのサービス紹介をお願いします。

弊社D&Iはダイバーシティ&インクルージョンを頭文字に、「誰もが挑戦できる社会をつくる」をミッションに掲げています。事業のコアバリューとして「義務から戦力へ」「人生に選択肢を」に重きを置いています。

障害のある方向けに、HRソリューション事業・教育事業を展開しています。HRソリューション事業では、企業さま向けの障害者雇用の課題解決、就職・転職のお手伝いをしたり、教育事業では、障害のあるお子さまや成人の方の療育施設や就職訓練施設を東京・神奈川・大阪で展開しています。

私は、HRソリューション事業・教育事業を統括する事業責任者を務めています。

D&Iさんの企業ゴール、顧客の成功とはどういうものですか?

顧客の成功は、企業さまの障害者雇用の課題解決です。

企業さまによって成功の定義はさまざまです。法定雇用を達成することを一旦のゴールにする企業さまもいらっしゃれば、企業としてダイバーシティを推進し、障害者の方の活躍をゴールに設定される企業さまもいらっしゃいます。また、既存の社員さんが定着するための環境整備を目指されている企業さまもいらっしゃいます。

コアバリューに設定している「義務から戦力へ」は、障害者雇用を「法律でやらないといけないからやる」というネガティブな動機から、「本当に戦力として雇ってよかった」と思っていただきたい、という思いを込めています。人口が減少する日本で、働ける人を増やしていく・働く人の生産性を上げていくという企業ゴールの実現を目指しています。

障害者の方ご本人に関しては、障害という枕詞がつくことによって、人生の選択肢を狭めてしまう状況から、自分で人生を決めて一歩踏み出してもらえるように、さまざまな選択肢が選べる機会を提供していく、就職の成功や、内定をいくつか持って選べるという「人生に選択肢を」を実現して欲しいです。

WisdomBase導入の決め手

WisdomBaseを導入いただいたきっかけ、決め手はありますか?

エンカククラウドのeラーニングプラットフォームのリプレイスを検討していたのですが、WisdomBaseはコストの面と、講師の方への還元モデルが素晴らしいなと思いました。

eラーニングは安かろう悪かろう、導入後はアップデートされないイメージでしたが、WisdomBaseで利用できるShareWisの学習コンテンツはバックボーンがしっかりしている安心感がありました。辻川社長をはじめ、御社から感じる誠実さもポイントでしたね。

インタビューにご協力いただいた方 株式会社D&I 取締役 COO 小林 鉄郎さん

WisdomBaseを利用していて、良いなと思うポイントはありますか?

御社のメンバーが、弊社との関わりを一つのプロジェクトとして捉えていただいているところですね。障害者雇用に携わる現場の方々の意見を聞いていかないと、良い学習環境は作れないという点に共感してもらい、物理的にも時間をさいていただいて改善提案をしていただけるのはとても嬉しいです。

CBT(オンラインテスト)機能の有効活用

WisdomBase導入後の反響や、CBT機能活用の実感はありますか?

当初、コンテンツのレベルが利用者にとって高すぎるという意見を率直に出させてもらいましたが、そこから新しいコンテンツを提案していただき、とても助かりました。

エンカククラウドを導入いただいている障害者支援機関さまが、利用者の方の学習環境の整備について、どこから手をつけていいかわからない状況から、受講ステップを一緒に考えてもらったり、90秒のスナックコースを充実させ気軽に学べるなど、積極的にアイデアをいただいたことで顧客評価の向上に繋がりました。

オンラインテストについても、「受講したことが身になるので助かる」「90秒コンテンツなど動画とテストが紐づいているのが良い」という声が現場から上がっています。新しくお付き合いする企業さまや支援機関さまからも、コンテンツの視聴履歴だけではなく、どこまで理解できたかを知れる点で、非常に期待されています。

障害者雇用を「義務」ではなく「戦力」へ。働くための仕組みを今後も強化したいと語る小林さん

最後に、小林さんが考える自己学習のポイントは何でしょうか?

何かに本気で取り組むことかなと思います。本気でないと、失敗か成功かどうかもわからず、再現性もない。挑戦し続けることで、学びを次に生かして人間力を高められる。

当社も10年続けてきてようやく社会に評価いただけている感覚があるように、自分が信じることをやり続けることが結果につながるのではないでしょうか。

貴重なお時間をいただきありがとうございました!