WisdomBase

電話受付(平日 10:00-19:00) 0120-546-070

学習と試験を同時実施して効果的な研修が実現 WisdomBaseで社員教育が充実した

エネルギー会社A社

電気・ガス販売を行うエネルギー会社のA社様では、近年、営業職の教育に力を注ぐ中で、WisdomBaseを活用して社内研修と試験を実施しています。

目的
eラーニングからオンライン試験まで一つで完結するシステムの導入
課題
営業職の継続的なスキルアップとスキルの見える化

社員のスキルアップでWisdomBaseが果たす役割と、導入・使用の率直な感想についてご担当者様にお話をおうかがいしました。

WisdomBaseのご活用方法

WisdomBaseはどのようにご活用いただいていますか。

社員教育、特に営業職のスキルアップのために活用しています。電気やガスの取り扱い業務では、法令上守らなければならないルールが存在します。そういった基本事項に加えて、弊社が独自で作成した資料を組み込んで学習と試験ができるようにしました。

WisdomBase導入前の課題

WisdomBaseを導入する前は、どんな課題がありましたか。

営業職のスキルアップに継続的に取り組むこと、そして見える化することをかねてより課題に感じておりました。

プロパー社員は採用されたときに入社後研修がありますが、それ以降は年に数回の研修機会だけで、実業務はOJTで習得していく形でした。それをもっと充実させつつ、色々な場所に散らばって保管されている研修資料を集約していつでも見られるようにするために、WisdomBaseを導入しようと考えました。

WisdomBase導入理由

WisdomBaseに決定した理由をお聞かせいただけますか。

実はWisdomBaseは他社に紹介をしてもらって知りました。色々と相談する中で、当社の実現したいことが叶えられそうだと思ったので契約を決めたという流れです。これまでパワーポイントで作成していた研修資料をPDF化して、WisdomBaseに集約し、テキストという形で受講者が閲覧できるようにしています。

また、試験の採点や集計がシステマティックにできるという部分も、当社のニーズに合致していました。研修資料の集約と内容の充実、そして試験における手間の解消、どちらも導入前に思い描いた通りに実現できていると思います。

過去に、貴社内にeラーニングのシステムはあったのですか。

ありましたが、一方的に動画を観るだけのもので、簡易な確認テストはあってもきちんとした試験は組み込まれていなかったんです。この動画コンテンツは特定の業務に関する内容で、法令で定められているものなので、今後も受講は必要です。ただ、それ以外の部分についてはWisdomBaseを並行して活用したいと思っています。

WisdomBase導入後の現場の声

受講者や周囲の方々からWisdomBaseへ何かお声はありましたか。

幹部社員が「こんな仕組みがあるんだ」と感心していたというのを伺っています。

研修の受講者からは、特に不明点などの問い合わせはありませんでした。新しいものを導入すると、たいてい色々な質問が来るのですが、それがなかったということは受講者にとってわかりやすい仕組みだったんだと予想しています。おかげさまで、試験も大きなトラブルなく実施できました。

WisdomBaseを実際に使った感想や、サポート体制へのご意見をお聞かせください。

いつも非常に丁寧にサポートしてくださるので、本当に感謝しています。メールの返信が早くて、疑問もすぐに解決してくれるのがありがたかったですね。管理画面は最初の頃は用語が少し難しくて、すぐにはわからない部分の方が多いかなという印象でした。そこがもう少しシンプルになれば、より使いやすくなると思います。いつか後任に引き継ぐ必要ができた場合には、「これさえ見ればOK」というマニュアルがあると安心できるかなと思いました。

今後の展望について

今後、WisdomBaseで実現したいことはありますか。

現在行っているPDFでのテキスト配布と試験の組み合わせを継続しつつ、今後は初級・中級・上級とバリエーションを増やしていきたいですね。プロパー社員を登用するときの試験に活用することを考えています。

WisdomBaseには、アップロードした動画を誰が視聴したかがわかる機能や、オンライン研修のリンクにアクセスした人がわかる機能もあると聞きました。リアルタイムで研修を受講できなくても、録画を見たかどうかで研修の出欠・進捗が簡単に把握できるので、そういった機能を使って事務局の手間を省きながら、引き続き効果的な研修機会を提供していきたいと思います。

これからも貴社の社員教育に寄与できるよう、精一杯サポートさせていただきます。本日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました。