オンラインテストマガジン

オンラインテストマガジンは、CBT/webテスト/SPI/英検/医学部入試など各種資格・検定情報ブログです

リカレント教育で求められる英語力とは?目的別に3つ解説

リカレント教育で求められる英語力とは?目的別に3つ解説社会人の学び直しである「リカレント教育」では、英語力のスキルアップが人気となっています。学ぶ働く研究所による「学び直しに関する調査」によると、学び直しで取り組んだジャンルとして、約4割の人が「語学」を選択しているほどです。

しかし、闇雲に学習を進めても思うように身につかなかったり、途中で挫折したりすることも多いですよね。

そこで当記事では、社会人に求められる目的別の英語力や、企業や大学でも導入できるカリキュラム事例を解説。英語を学び直したい社会人はもちろん、学習者の目的に合ったカリキュラムを整えてリカレント教育を推進したい企業担当者や大学担当者の方はぜひご一読ください。

なお、リカレント教育が広まっている背景は、以下の記事にて解説しています。併せてご覧ください。

【目的別】リカレント教育で求められる英語力

社会人が英語力を高めるには、まず学ぶ目的を明確にすることが大切。なぜなら、設定する目的によって、学ぶべき英語力のレベルも異なるからです。

ここでは、リカレント教育で求められる英語力を3つの目的に分けてみました。

  • 日常会話ができるようになりたい
  • 英語の資格を取得したい
  • ビジネス英語を身につけて業務に活かしたい

それぞれの内容を見ていきましょう。

目的①日常会話ができるようになりたい

中学校や高校で習った英語を忘れてしまった人にとって、日常会話ができる英語力は憧れるのではないでしょうか。身につけた英語力で「インバウンド観光客と話してみたい」とか「海外旅行の際に、現地の人とコミュニケーションを取ってみたい」という人もいるでしょう。

このような場合は話す力を付ける前に、英語の基礎から学び直しが必要です。

  • 単語
  • 文法
  • リーディング
  • ライティング
  • リスニング

一気に難しいレベルの英語を理解する必要はありません。まずは、基礎的な部分から順番に復習していきましょう。

英語力ゼロの状態から学び直すときの勉強法は、以下の動画が参考になります。ぜひご覧ください。

リカレント教育の運営者には、気軽に学び直しを始めたい学習者のニーズに応えるべく、低いハードルからステップアップできるようなカリキュラムが求められます。

目的②英語の資格を取得したい

ある程度の英語力が身についてくると「どれくらいの力があるのか知りたい」と考える方もいるでしょう。そこで、役立つのが「英検」や「TOEIC」などの資格取得です。

レベルに応じたリーディング・リスニングのほか、スピーキング力が試される試験もあります。日常に英語を活かせるレベルからビジネスにも通用するレベルまで、幅広く実力を知ることが可能です。

一般的に社会人として必要とされる英語力は、

  • 英検:2級以上
  • TOEIC:600点前後

と言われています。また、海外拠点の業務に従事したり、海外のクライアントと商談したりするレベルになるには、

  • 英検:準1級以上
  • TOEIC:740点以上

となります。英語の資格取得は、定量的に英語力を知る有効な手段となるため、1つの目標にするのもオススメです。

資格取得に向けて、短期間で英語力を高める学習方法については、こちらの動画を参考にしてみてください。

リカレント教育の運営側は、英語力のレベルに合わせて試験対策ができる、講座やカリキュラムを提供すると、学習者のニーズとマッチする可能性が高まります。

目的③ビジネス英語を身につけて業務に活かしたい

ビジネスで英語を使うことが多い場合、基礎的な英語力は身につけた上で、より実践的なスキルが必要です。

業務で使う専門用語や、商談などに役立つ表現を知ることはもちろんですが、学んだ英語を活用する場を設けることも大切になります。たとえば、ビジネス英語を学ぶ仲間たちとSNSで出会って英語で話してみたり、英会話スクールに通ったりすることも有効です。

インプットだけではなく、アウトプットを続けて、スムーズなコミュニケーションができる英語力が求められます。

社会人がビジネス英語を勉強する考え方は、以下の動画が参考になります。併せてご覧ください。

講座の運営側は、単語や文法を教えるだけではなく、実際に英語を話せる環境をつくることで、効率の良い学習時間を提供できるでしょう。一緒に受講するメンバーと、ディスカッションやグループワークができるようなカリキュラムも有効です。

リカレント教育で求められる英語力を3つの目的に分けて解説しました。ここまで読んで「効果的に英語力を高めるカリキュラム事例を知りたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

続いて、リカレント教育として活用できる、英語のカリキュラムを紹介します。

英語のリカレント教育が可能なカリキュラム事例3選

ここでは、英語のリカレント教育が可能なカリキュラムとして、以下の3つを挙げてみました。

  • 筑波大学社会人大学院国際経営プロフェッショナル専攻
  • DMM英会話
  • ShareWis

それぞれの特徴を見てみましょう。

筑波大学社会人大学院国際経営プロフェッショナル専攻

これから英語を学ぶというより、すでにある英語力を活かしてビジネス現場のプロフェッショナルを目指したい方もいるのではないでしょうか。その場合は、社会人大学院で学ぶのも方法の1つです。

筑波大学社会人大学院国際経営プロフェッショナル専攻では、授業の半数が外国人の教員によって実施され、ほとんど英語を使って進められます。

このほか、筑波大学のリカレント教育については、以下の記事も併せてご一読ください。

DMM英会話

積極的に英語を使う機会を設けたい人は、英会話教室で実践する方法もあります。ビジネス英語の強化はもちろん、外国人講師と日常会話を楽しみたい人にもオススメです。

DMM英会話のレッスンは24時間365日、オンライン上で行われるため、外出の必要はありません。自分の好きなタイミングとペースで学習を進められます。

ShareWis

ShareWisは、社会人向けのオンライン学習サイトです。さまざまな分野の専門家からスキルを学べる「プロコース」と、90秒で学べる「スナックコース」があります。

しっかり英語力を高められる講座も用意されており、目的に合わせた受講が可能です。ShareWisで学べる講座内容の一例を以下に挙げてみました。

スキマ時間を使って、効率的に英語学習ができる動画が揃っています。紹介した以外の英語コースを知りたい方は、以下からご確認ください。

ここまで読んで、学習を始めたい方の中には「英語力を身につけたいけれど、挫折しないか心配」と思う方もいるのではないでしょうか。続いて、リカレント教育で英語力を高めるコツを紹介します。

リカレント教育で英語力を高める学習のコツ

社会人が英語力を高めるコツとして以下の3つを挙げてみました。

  • スキマ時間を活用し、継続して勉強に取り組む
  • わかるようになるまで繰り返す
  • 覚えた単語や言い回しを実際に使う

それぞれの内容を見ていきましょう。

スキマ時間を活用し、継続して勉強に取り組む

社会人の英語学習は「スキマ時間の活用」と「継続」が鍵を握ります。なぜなら、英語を習得し、話せるようになるまでには、一般的に3,000時間も必要と言われているからです。

3,000時間というと、1日も休まず約4時間強の勉強ができたとしたら、2年間で達成します。しかし、忙しい社会人ですから、1日も休まずに長時間の勉強を継続するのは難しいかもしれません。

そこで、隙間時間を活用して取り組めるカリキュラムがあると勉強しやすくなります。好きなタイミングで繰り返し視聴できる動画や、通勤中に聞ける音声コンテンツなどを活用し、短い時間でもコツコツ継続できるように習慣化が必要です。

わかるようになるまで繰り返す

わからない単語や文法、リスニングのフレーズが出てきたら、わかるようになるまで徹底的に追求する姿勢が大切です。わからないところが増えていくと、挫折する原因にも繋がりかねません。

参考書から学ぶことに抵抗がある場合は、好きな英語コンテンツから学ぶ方法もあります。

  • 英語の映画を観る
  • 英語の雑誌や書籍を読む
  • 英字新聞を読む
  • 海外のYouTube動画を観る

好きな作品や読み物であれば、自分でわからないところを調べて理解する楽しさも出てくるかもしれません。1日の中で決めた時間だけとか、一部分だけでも良いので、不明な部分を1つずつ解消しながら進めていきましょう。

覚えた単語や言い回しを実際に使う

繰り返し読んだり聞いたりして、頭に入れるだけでは英語学習は不十分です。学んだことを実際に使ってみてはじめて、体に覚えさせることができます。

いざ英語を話そうと思ったときに「アドリブがきかずに言葉が出てこない」といったことのないように、英語を話せる環境が大切です。

リカレント教育を運営する企業や大学に求められることは?

英語の学び直しには、学習者の自主性が求められます。

とはいえ、リカレント教育を推進する企業や大学側は、学習者が継続しながら英語力を高められるような、カリキュラムや仕組みの導入が求められます。

近年では対面での実施が難しくなっている分、オンライン環境で学べる講座が人気です。とはいえ「どうやってオンライン環境を構築して、講座を提供したら良いのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

そこで、オンラインで英語を学ぶ環境を構築するには、WisdomBase(ウィズダムベース)がオススメです。

英語力を高めるリカレント教育環境をオンラインで実現するならWisdomBase(ウィズダムベース)

WisdomBase

WisdomBase は、オンライン動画の配信から社内試験のオンライン化、セミナー受講管理など、理想のオンライン学習環境を実現できるSaaS型システムです。学習管理に関わるあらゆる課題を解決できる機能をオールインワンで提供します。

WisdomBaseを活用すると、以下のようにオンライン学習環境の構築が実現可能です。

  • 動画・テキスト・PDFなど、講座の内容に合わせたコンテンツをオンライン上で配信できる
  • リアルタイム講座や英会話レッスンなどの実施の際に、Zoomで予約・管理が可能
  • 英語力を試す筆記テストも実施できる
  • 受講者ごとの学習の進捗状況を確認できる
  • 受講者からの入金管理も1つのシステムで実現

1からオンラインの学習環境を構築していくより、WisdomBaseを活用したほうが手間とコストをかけずに運営を開始できます。

「うちでもオンラインの学習環境を構築できるの?」「導入時の費用感を知りたい」といった具体的な相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

また「初めてのオンラインテストの導入がスムーズにできるのか不安💦」といった方のために、以下のお役立ち資料をご用意しています。無料でダウンロードできますので、お気軽にご利用ください。

まずは先進企業の成功事例を知りたい方は、こちらの資料も無料ダウンロードが可能です。