オンラインテストマガジン

オンラインテストマガジンは、CBT/webテスト/SPI/英検/医学部入試など各種資格・検定情報ブログです

【初心者向け】~知らないと恥ずかしい~ CBTとIBTの違い 【こっそり学べます】

CBTとIBTの違いとは?

PBT、CBT、IBT。これらは全てテストの形式を表す用語です。

PBT(Paper Based Tasting):紙の問題用紙と解答用紙を用いる方式

CBT(Computer Based Tasting):パソコンを使って受験する方式

IBT(Internet Based Tasting):インターネット上で受験する方式

それぞれこのような意味があります。

今回は、特に混同しやすいCBTとIBTの違いについて図解や比較表なども用いながら詳しく解説していきます。

CBTとは

冒頭でも説明いたしました通り、CBTとはコンピューターを利用した試験方式を指し、受験・採点・合否通知など試験の工程の全てをコンピューターで完結させることができます。

一般的な資格試験などではテストセンターと呼ばれる受験会場に専用PCを配備して試験が行われることが多いようです。

CBTについてもっと知りたい!という方は本ブログのこちらの記事もご覧ください。

IBTとは

IBTはインターネットを利用した試験方法を指します。CBTとの違いは、CBTが受験会場を設けて行われることが多いのに対し、IBTは一般的には場所の縛り無く、受験者の好きな場所・好きなタイミングで受験できる事がメリットになります。実際に、タブレットやスマートフォンでも受験が可能な検定試験なども増えてきており、CBTよりも自由度が高く、受験機会も増える手法と言えるでしょう。

IBTはCBTの一部なのか?

これまでの解説を読み、「CBTはコンピューターで行うテストで、IBTはインターネット上で行うテストなのであれば、IBTはCBTに包含されているのでは?」と思った方もいるかもしれません。確かにその解釈も正しいのですが、必ずしもIBTであればCBTであるとは限りません。

IBTの中でも、PCでは受験できず、スマートフォンやタブレットでしか受験できない試験が実施されることもあるからです。実際にTBT(Tablet Based Testing)と言われる、タブレットをベースとした試験管理も、欧米では定着しつつあります。

下の図は、CBTとIBTとの関係を図式したものです。このように、IBTの中でもコンピューターで試験が行われるものはCBTとも呼べますが、PCデバイス以外のスマートフォンやタブレットで受験する形式のIBTはCBTとは呼べないので、注意が必要です。

CBTとIBTの関連性を図解

徹底比較!CBT vs IBT

ここまで、用語の定義についてご説明してきました。ここからは、利便性やカンニング対策などのシステム選定にあたって気になるポイントを比較していきます。実際に導入する際の参考となれば幸いです。

利便性

利便性に関しては、IBTの方が優れていると言えます。

テストセンターなどの受験会場への移動が必須となることが多いCBTに比べ、IBTの場合はインターネットさえあればいつでもどこでも、更にデバイスも制約がなく試験を実施できるため、受験者側には特に便利さを感じてもらえるシステムでしょう。

社内試験などの場合も、業務に支障がないタイミングでそれぞれ受けてもらえるので、実施側にとってもメリットは大きいと言えます。

また、個人所有のデバイスでも試験を受けられるため、受験者数の制限がないのもIBTの便利なポイントでしょう。

公平性

公平性はCBTの方が比較的高いです。

IBTの場合、場所も試験に使用するデバイスも自由に選ぶことができますが、その反面環境による差異が出てきてしまう可能性があります。

例えば、こちらの動画はTOEFL iBTを自宅受験された方の感想動画なのですが、リスニング試験中に電話が鳴ったというエピソードを語られています。

このように、電話や来客などの不測の事態や、通信環境の悪さや受験デバイスのスペックの低さによっては、受験者が本来出せるべき実力を出しきれないという恐れがあります。

その点、試験会場で全員がほぼ同じ環境で試験を受けるCBTは平等性が高いと言えるでしょう。

厳格性

厳格性もCBTに軍配が上がる要素のひとつです。

IBTの場合、自由にいつでも受けられるため、試験中のカンニングのような不正行為を完全に防止することが難しいのがデメリットでもあります。

CBTの場合はテスト会場で受験となるため、試験時間中の試験監督による会場内の監視が可能となり、厳格性を担保することができます。

しかし、AIを利用した監視システムなど新しいテクノロジーも注目を集めており、導入システムのスペックによっては、厳格性に関してITBがCBT以上に厳格性を持ち、試験監督官などの監視人員も最小限に抑えることも可能となります。

どんな試験に使われているか

CBTはその厳格性から国家試験や数万人規模の大手検定試験、近年では大学受験や大手企業の昇進試験などでも使われています。

一方IBTは模試や適性検査の他、大学のクラス分けテストなど、試験の合否以上に、能力や資質を判断するための試験に数多く活用されています。

貴社で導入する際にも、合否を明確な基準としたい試験なのか、それとも純粋に能力や資質を測りたいのかを、判断ポイントにするのがいいかもしれません。

CBTとIBTの比較表
ここまでのCBTとIBTの比較をまとめた表です。どんな目的でテストを導入したいのか・試験において何を重視するのかを明確にした上で参考にして頂けると幸いです。

WisdomBase(ウィズダムベース)なら、IBT・CBTどちらでも、安心のカンニング防止対策でご活用いただけます。

CBTをお求めやすく、かんたん導入WisdomBase(ウィズダムベース)という文字が表示されたバナー画像。親子がタブレット端末を眺めている。様々なタイプの試験に活用できる、WisdomBase(ウィズダムベース)

WisdomBaseなら、IBTはもちろん、ネット環境が整った会場ではCBTの実施にも便利です。定番の穴埋め問題・記述式はもちろん、動画問題・リスニング問題など豊富な問題形式で貴社独自のオンラインテストを自社作成できるほか、ブラウザのタブ移動禁止や右クリック禁止、AI監視システムとの連携など、カンニング不正防止対策についてのご相談も承ります。

一般的なクラウドサービスではなく、事業会社さま及び代行会社さまの自社サイトセキュアな状態でシステム構築。貴社の資産として永続的にご利用いただけます。ご要望がありましたら些細なことでもお聞かせください。お問い合わせはこちらからお気軽に 😀

CBT実現を応援するお役立ち資料のDLもいかがでしょうか

まずは先進企業の成功事例を知りたい方は、こちらの資料も無料でダウンロード